トップページ | 2007年2月 »

今日も遊んだねー

お、ササミジャーキー発見♪

Img_3996
「にににに・・・もうちょい」

Img_3997

「ハニッ よっしゃ! ゲット♪ 」

Img_3998

「あれ、もう終りぃー?」

Img_3999

「なんか特訓入ってませんか? 頑張るけど・・・。」

Img_4024

今日も元気に遊んだねー。 楽しかった? ちょっと特訓入ってたけど。

--------------------------------------------

今日はひさびさにたっぷり寝た。
天気がいいのにもったいない、早くフェロとおんもに行こう!と思いつつ、
起こしてくるかなー・・・とちょっと期待しながら狸寝入りでフェロを待つ。
「ハッハッハッハッ ハーハー」 フェロの息。寝室の扉はいつも開けてある。
フェロの起きろー!の攻撃が耳元で聞こえた。(やったね♪)
ベッドに体をスリスリ、スリスリ、そしてハーハー・・・
わかったわかった・・・(ふふふ♪)
9時過ぎフェロに起こされた。嬉しい。術後初めてだった。
昔のように元気になっている。
でも今日はちょっと右足をびっこをひいていた・・・。
骨が2個とパッドが半分ないのだから、やっぱり痛いのだろうか・・・。
でも手術の後の痛みではなくて、ガンで痛いのかもしれないと思うと怖い。

痛いかい?フェロー・・・。

Img_4053

早く決めなくてはいけない・・・。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさびさ朝っぱらからのお誘い。

Img_3952

今日は朝からにっかにかの笑顔。

「ねーねー、行こうぜ~!おんもで朝ビールしていいからさ~!土佐鶴でもいいよ~!ねーねー、あっそぼうよ~♪」

お散歩を誘ってるんだねぇ。天気もいいし、早く出かけようぜ~って言ってるんでしょ。

術後初めてだね。朝っぱらから誘ってくれたの。

嬉しいよ、フェロー。

でも今日は麻布大学までセミナーを聞きに行かなくちゃいけないから

ゲニにまかせてあたしは行ってくるね。

--------------------------------------
今日のセミナー、行ってきてよかった・・・。
12月20日のメラノーマ告知後、
webをかたっぱしからさまよっていろいろ調べていたら、
偶然見つけたガンセミナー。その頃に参加申し込みをしていたもの。
講師の先生は12月24日にセカンドオピニオンで行ったときに
お話をしていただいた先生だった。
私ははじめ中ほどの列に座っていたが、
目が悪いのでスライドが見えないのに気がついた。
一番前に座ってしまった私・・・。 ゲゲ、前すぎじゃないかこりゃ? ま、いいか。
しっかり聞いて帰らなくちゃ!  講演開始を待つ。
先生が入ってこられて、私に挨拶してくださった。
私を覚えていてくださった。1回しか会ってないのに。
びっくりしたけど嬉しかった。

ガン・・・私達はわからないから恐ろしい・・・。わからないからとてつもなく不安・・・。
そんな気持ちに応えてくださるような内容で、セミナーは進められていった。
途中、鼻に腫瘍のできたラブラドールのスライドが出てきて、
思わず泣いてしまった・・・。
この子は鼻を切断したという・・・。 
切断しない場合はこうなるというスライドも見せてくださった。 
真っ黒いゴツゴツした腫瘍がいっぱいに外に広がって、ショッキングな写真だった。
時に飼い主としてつらい選択をしなくてはいけない場合がある。
「つらくても決断しないとこうなる というのを自分たちはわかっている。」
と先生はおっしゃっていた・・・。

2時間あっという間に終わった。
来ている人達はみんな同じ。真剣そのもの。
みなさんと交流する機会はなかったけれど、
気持ちはみな同じ。家族のために涙を拭いて前を向いて頑張ろうとしている。

私の前にも次の選択が迫っている。
抗がん剤・・・どうしようか。 どうしようかね・・・わん・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり書こう

Img_3875_5

愛しいフェロー。大好きだよ。

まだ書かないとおもってたけど、もうだめだよ。

大好きだから。

わたしがしゃんとするまでは、書かないと思ったけど、

やっぱり書こう。

大好きだから。

今日もフェローはほわっほわであったかい。ほんわり愛しい香り・・・。

大好きだよ。 困ったね・・・。

これからどうなるのかな・・・。怖いね・・・。

でもずっと一緒だよ。心配いらないからね。

ずっと一緒だから。

今日も愛しいよ。時間がゆっくり流れてくれれば・・・

明日もあそぼう! 一緒にいよう!

大好きだから。 

でも困ったね・・・。 どうしようかね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トップページ | 2007年2月 »