« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

”今日のページ”

Img_3669_2
~ほやつ特訓中~  
 わん:「 よいさっっと 」  
Img_3670
 わん:「 にににに 」
Img_3674
とてもいい時間が流れていたね。。。わん。。。
 わん:「 にゃははっ♪ 」

                    ~2007.6~

わん ほはよ。
いい天気だぁねー。。。 わんの わふとん干そうかね。

今日も、 ”わたしの本”の 今日のページには、
ちゃーんと わんがいるよ。
今日もしっかり、 登場人物だよ わん。
今も変わらず、 ううん、 なおいっそう、
おまえが愛しいよ、わん。
毎日 わんちゃん わんちゃん 言ってるよ。

------------------------------------------

新しいカレンダーになって 1ヵ月。
ようやく この日記を書いている。
今年は、 喪中だったので年賀状は出さなかった。
2007年は ほんとに ほんとうに、 堪える年だった。
悲しみの底を見た。 
自然に浮かぶまで、
深海の底にただよう 潮の流れに身をゆだねみた。
そこから 静かにゆっくり、
やさしい時間の泡につつまれながら 浮いてきた。
フェローを亡くしてからの私を たとえて言うなら
こんな感じだろうか。

あの日、げにとわたしを、 1回ずつ 
ゆっくりと まばたきしながら見つめて、
最期にまたもう1回 ゆっくりと、そして大事そうにまばたきして、 
静かに鼓動を止めたフェロー。。。
みんな輪になって床に伏せていた。同じ目線で。そして手を握り合って。
見つめあって。 心を通わせあって。 
 愛してるよ 愛してるよ  愛してるよ って
何度も 何度も 言い合いながら。 
そしてキスして。 あったかいフェロー。。。
やわらかな朝陽につつまれて 
太陽への道を 昇っていったフェロー。 

”フェロー本” の最終章、 最後のページには、
ほんとうに 奇跡のような時間が待っていてくれた。

一年前の今日は がんセンターでの治療が始まった日。
Imga8704
いつも大荷物だった。 フェローセットは今も玄関に。
Imga8707
わんはなんでそんなに 笑ってるんだろうね。。。
Imga8710
                ~去年の今日・がんセンターで~

今日もどこかに そんな家族がいるかもしれない。
今でも病気で検索して ここを訪れてくださる人たちがいる。
そんな家族に エールのバトンを手渡したい。
たくさんの人から教えてもらったこと、
もらったぬくもりを またつなぎたい。

愛する家族は 元気で長生きしてくれたら 
それはやっぱり、そっちのほうがいい。
でも 病気になったって ”不幸だった” とは
思っていない人がここにいますよ って、
伝えたい。 だいじょうぶだよって伝えたい。
病気と闘う と言っても それは長さでもないし 勝ち負けでもない。
ゴールだけを目指して 突っ走らずに、
その時その時を大切に、愛おしみながら、
いい時間をすごしていってほしい・・・
今日のページをつづっていってほしい・・・
そう思っている。
  これがベストか。 悔いなく闘った、 そう言えるか。
このことを いつも思って フェローと歩いてきた。

愛する家族を思って いっぱいいっぱいの 心と頭でひねりだして、わんばって、
出した答えに 間違いというものはないと思っている。
そんな飼い主さんが決めたことが その子の一番だと 思っている。

私にできることなんて ほんとちゃいちぃものかもしれない。
でも ここに エールのメッセージを 残しておこうとおもう。

フェローと出会えて ほんとに幸せだから。  
ありがとうでいっぱいだから。
げにも私もフェローも、 からだがなくなり、名前も顔も変わっても、
次の巻で また逢えるから。

Image3271_2Image3281

| | コメント (24)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »